帯広市の歯科医院「やまぐち矯正歯科」
ご予約・お問い合わせは 0155-47-3418

やまぐち矯正歯科
やまぐち矯正歯科

不正咬合の種類

歯並びが悪いと、歯みがきがしにくくてむし歯になりやすくなったり、歯並びの悪さがコンプレックスになって、本来の明るい笑顔が見られなくなってし まったりすることもあります。子どものうちに矯正を行なえば期間が短くすみ、肉体的、精神的、経済的な負担が少なくて済むことがあります。 大人になって からでも、もちろん矯正をすることができます。歯周病予防に不可欠な治療です。 頭痛の治療に矯正を行うこともあります。

下のような歯並びが気になるようでしたら、一度ご相談にいらしてください。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突

一般的に出っ歯などと呼ばれてます。上の前歯や上あごの骨が前に出ている状態や、(上あごが出ているのではなく)下あごが後ろに入ってしまっている状態、あるいはその両方が同時に起きている状態を、上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。
笑うと前歯の歯ぐきが出てしまうガミースマイルになる場合もあります。

反対咬合(はんたいこうごう)

cl3

下顎前突と呼ばれることもありますが、一般に受け口とも呼ばれています。下の前歯が上の前歯より前にある状態です。 外側からは、下の唇が出ているように見えたり、下唇が厚く見えたりします。 また、下の前歯や唇を無理に唇内に閉じ込めようとして、頬が緊張しているように見える場合もあります。

開咬(かいこう)

open

奥歯をかんだ時に前歯がかみ合わず、開いている状態を開咬と言います。指しゃぶりや舌を出すクセがあったり、遺伝などが原因でなることがあります。前歯で食べ物をかみ切れなかったり、話すときに正しい発音ができない場合もあります。

叢生(そうせい)

crowding

歯がでこぼこに並んでいる状態で、乱ぐい歯とも言われます。八重歯も叢生(そうせい)の一種です。あごの広さと歯の大きさのバランスが悪いため、狭いあごに歯がきれいに並ばず、でこぼこに重なりあってしまいます。

受診のご予約/歯のご相談は今すぐお電話を

受診のご予約歯のご相談は今すぐお電話を

「治療に関するお問合せ/ご予約は」
こちらを押すと電話がかけられます

0155-47-3418


「受診のご予約 / 歯のご相談は」
こちらを押すと電話がかけられます

0155-47-3418

やまぐち矯正歯科
帯広市南の森東4丁目1-6
電話番号 0155-47-3418

大空団地線 緑陽高校駅 徒歩1分
帯広イトーヨーカドーより車で5分
帯広緑陽高校西側

※駐車場6台あり

やまぐち矯正歯科

【診療時間】
月・火・水・金・土
10:00-12:30/14:00-19:00
第4日曜日
10:00-12:30/14:00-17:00
※翌月曜日振替休診

パソコンサイト