子供の反対咬合矯正用マウスピース

乳歯列期(3~5歳頃)においての反対咬合を改善するために使用する装置です。
舌癖(舌を前に出す癖)ある場合、上下の前歯どうしがぶつかってものが咬めなく、アゴを前に出して咬んでしまう場合など機能が原因で噛み合わせが反対になっている患者さんでは効果があると思われます。

しかし、骨格的な反対咬合(家族に噛み合わせの反対の人がいる)、横顔がしゃくれている感じがするなどの場合は改善が難しいと思われます。そのときは、他の装置を使用するでしょう。


muu
Copyright(c) 2014 やまぐち矯正歯科医院 All Rights Reserved.