インプラント矯正

インプラントを固定源に利用した矯正治療は、1980年代から動物実験において研究が始められ、1990年代にはチタンインプラントを埋入し、それを使用して不正咬合を改善することを臨床へ使用され始めました。そして現在さまざまなミニインプラントがありインプラント矯正として治療を行う上で固定源の一選択として上げられるようになってきてます。 インプラントを使用しての矯正治療は過去の治療において成し得なかった治療が可能となってきました。

  1. 困難であった大臼歯の圧下、近遠心移動が容易にできるようになりました。
  2. 叢生の非抜歯治療の選択肢として有効である。
  3. 骨格的な不正咬合を矯正のみで補償的に改善できる範囲が拡大します。

 

スクリュー タイプ1 スクリュー タイプ2
スクリュータイプ スクリュータイプ2
SMAP タイプ
Copyright(c) 2014 やまぐち矯正歯科医院 All Rights Reserved.